現地調査・鉄筋探査

橋梁メンテナンスでは設計図と現場の整合性を調査することが重要です。
設計図を理解し、現場の形状や障害物を正確に把握することが求められるため、高い技術力と経験が必要となります。弊社では数多くの鋼製ブラケットを取付けた経験を活かし、現地調査および実測を行い、CADによる原寸図まで作成できるので、現場に適応した部材を取付けることができます。
また、鉄筋探査機も所有していますので、現場に合った精度の高い鉄筋探査を行うことができ、そのデータを基に鉄筋探査報告書の作成も行っています。